美容外科や美容皮膚科で働く看護師は、仕事上で肌に関する様々な専門知識が必要となります。
たとえば、大手のクリニックの中には、看護師が初回のカウンセリングを担当したり、美容液やジェルを使ったトリートメントを行ったりするところもあり、スキルの高い看護師が重宝されています。
そうした中、看護師として美容外科や美容皮膚科のクリニックに就職をするにあたり、採用試験を受験する前にスキンケアアドバイザーの資格を取得することで、書類選考や面接を有利に進めることも可能です。
美容注射や美容整形など様々な施術を扱っているクリニックでは、看護師の採否を決めるうえで資格の有無を重視しているところも増えています。
スキンケアアドバイザーの資格は、通信講座で受講し、比較的取得しやすい資格です。
また、スキンケアアドバイザーの資格を取得するには、数か月程度の通信講座の受講が一般的ですが、民間団体によって受講料やカリキュラム、スケジュールなどに違いがあります。
そのため、医療業界で高い評価を受けている民間団体のホームページや資料に目を通して、必要な情報を得ることが大切です。
なお、新人を積極的に採用するクリニックでは、就職後に研修の一環としてスキンケアアドバイザーの資格を取得できるところも少なくありません。
そこで、実際にスキンケアアドバイザーの資格を活かして各地のクリニックで勤務をしている看護師の体験談を聞いたり、新人教育がしっかりとしているクリニックの就職相談会に参加したりすると良いでしょう。