スキルアップをしたいと考えている看護師は、今の職場にやりがいを感じられていないことが多くあげられます。
仕事内容に変化がなくて、今以上のスキルアップが期待できないという人もいるでしょう。
看護師の職場といえばほとんどが医療機関ですが、病院・クリニックの規模によって任される仕事内容は変わってきます。
規模の小さな職場だとアットホームな環境で働けるメリットがありますが、教育体制が整っていないケースは少なくありません。
本気でスキルアップをしたい人は、やはりある程度規模の大きな職場で働くのがおすすめです。
実際に体験入職をしてから、教育体制が自分に合っているか確かめてみるのも良いでしょう。
また専門分野のスキルを活かして、ライバルに差をつけるという方法もあります。
看護師のスキルアップに役立つ資格には認定看護師・専門看護師・ケアマネージャーやスキンケアアドバイザーなどがあります。
認定看護師には21の分野があり、自分の得意分野を活かして活躍したい人におすすめです。
幅広い知識を有するゼネラリストよりも、専門分野に特化したスペシャリストを目指したい人に最適です。
専門看護師には13の分野があり、専門分野において高度な看護を提供するためのノウハウを提供します。
ケアマネージャーは介護施設で重宝する資格で、介護サービスを最適化するためのプラン作成をする役割を担っています。
スキンケアアドバイザーは美容看護職で、看護師からも美容関係者からも人気のある資格です。
美容といってもキレイを保つというものだけではなく、高齢者や子供にたいしての正しいスキンケアの専門的なアドバイスやケアをすることが主な仕事です。
医療の複雑化に伴って専門スキル・技術を有する看護師が重宝される時代に変化してきました。
スキルアップのためには職場を変えたり、新しく資格を取得したりする方法が現実的です。