美容看護職で働きたいのであれば看護師以外の資格を取得することで、より優遇されるといえます。
もちろん、看護師資格だけでも美容看護職に就職できる方もいますが、たとえば美容外科は高収入な分応募者も多く、他の医療求人より競争率が高い職種です。
就職したいのであれば、他の看護師とは違うスキルを取得しておくことをおすすめします。
他の看護師よりスキルが高ければ、その分採用率も上がるといえるでしょう。
また、新たな資格を取れば職場の選択肢も広がり将来的にも役に立つことでしょう。
美容資格はエステティシャン、スキンケアアドバイザー、ネイリスト、アロマテラピーやリフレクソロジーなどさまざまな職種があります。
特にエステティシャンやネイリストの資格は美容に特化している資格であるため美容外科で重宝されるといえるでしょう。
また、これらの資格は美容の専門的な知識が深まるだけでなく、将来独立してサロンを経営したい方にとっても重要な資格となります。
取得しておいて損はありません。
また、スキンケアアドバイザーや、アロマテラピー、リフレクソロジーですが、これらの資格は美容業界だけでなく医療業界でも活かせる人気の職種です。
スキンケアアドバイザーは皮膚科で高齢者や子供、敏感肌の患者さんへそれぞれにあったスキンケアのアドバイスをします。アロマテラピーやリフレクソロジーのその効果には科学的根拠があり必要性も証明されているため、患者さんに効果的なサービスを提供できるといえます。
美容外科以外でも緩和ケアや介護施設でも施術が可能であり、多方面で資格を活かすことが可能です。
このような美容と医療、どちらからもアプローチできるスキンケアアドバイザー、アロマテラピーやリフレクソロジーの資格を取得していれば、今後就職する上で強みとなるでしょう。